ハラル産業で日本の投資要請=貿易公社

マレーシア貿易開発公社(MATRADE)は、ハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)産業の発展に向けて、日本との協力関係を強化すべきだとの見解を表明した。特に食品分野への日本企業の投資に期待を示している。国営ベルナマ通信が11日に伝えた。 貿易開発公社のムスタフ…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染1244人、3日連続で2千人未満(15:01)

自動車部品EP、電動バイク生産免許取得(18:01)

クウェート航空、7年ぶりに直行便再開(18:01)

テイクオフ:マレーシアではたびたび…(10/04)

技術見本市、日系も売り込み スマートソリューションなど紹介(10/04)

新規感染1360人、2日連続で2千人未満(10/04)

早期の解散総選挙、連立政権内から反対の声(10/04)

RM1=31.2円、$1=RM4.65(3日)(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン