化学的石油増進回収法を計画、ロカン鉱区で

インドネシアの国営石油プルタミナの上流子会社プルタミナ・フル・ロカン(PHR)は8日、国内最大級の石油ガス鉱床、リアウ州ロカン鉱区で化学的石油増進回収法(EOR)を導入する計画を明らかにした。生産能力を引き上げ、政府が設定する2030年に原油生産を日量100万バレルと…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアでは猫を死…(09/27)

首都の住宅、50万戸必要 中間層向け高層物件の開発も(09/27)

マセラ鉱区、ガス生産開始は2年ずれ込みか(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

カーターミナル社、来年400億ルピア設備投資(09/27)

北スマトラ港―経済特区の鉄道輸送を開始へ(09/27)

メダン―ビンジャイ鉄道複線化、24年に完成(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン