入境後の隔離措置、当面緩和せず=指揮中心

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心の荘人祥発言人(報道官)は9日、新型コロナウイルスの水際対策として求めている台湾入境後の隔離措置について、当面は緩和しない方針を示した。オミクロン株派生型「BA・5」の域内での感染を考慮した。中央通信社などが伝えた。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染がじわり再拡大 5万人超も、水際対策緩和は続行(10/07)

新型コロナの域内感染者、6日は4万6423人(10/07)

自主防疫中の学生ら、条件付きで登校可能に(10/07)

鴻海がインディEVと提携、米工場でEV開発(10/07)

京鼎精密科技、竹科で新工場設置=24億元(10/07)

テレビ用パネル、10月は一部値上がりも(10/07)

ゲームモニター出荷、22年は初の前年割れか(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン