サムスンの経営環境、台湾TSMCより不利

韓国サムスン電子の経営環境は、ライバルであるファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)に比べて法人税や人件費負担などの面で不利であることが分かった。聯合ニュースが伝えた。 韓国シンクタンクの韓国経済研究院が、韓国と台湾の租税政策…

関連国・地域: 台湾韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

SKハイがネオンを初国産化 輸入代替・安定調達に貢献(10/07)

新規感染者2.9万人、死者29人増(10/07)

韓国へのFDI、過去最高の200億米ドル超(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

韓日経済フォーラム開催、協力強化を模索(10/07)

9月の輸入車販売17%増、半導体不足が緩和(10/07)

LGエナジー、二輪電池交換事業に進出へ(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン