• 印刷する

《日系進出》天丼てんや、年内に首都で開業

「天丼てんや」の1号店が入居予定の「フォーシーズンズ・プレイス」=9日、クアラルンプール(NNA撮影)

「天丼てんや」の1号店が入居予定の「フォーシーズンズ・プレイス」=9日、クアラルンプール(NNA撮影)

ファミリーレストランなどを運営するロイヤルホールディングス(HD)は8日、子会社のロイヤルフードサービスが展開する「天丼てんや」のマレーシア1号店を年内に開業すると発表した。首都クアラルンプール中心部KLCC地区の商業施設「フォーシーズンズ・プレイス」内に出店する。

シンガポールで「天丼てんや」2店舗をフランチャイズ展開するYOTEIのマレーシア法人が運営する。首都圏を中心として、今後5年以内に5店舗を出店する計画。

ロイヤルホールディングスの広報担当者によると、具体的な開業日は未定。イスラム教徒(ムスリム)が人口の過半を占めることから、豚肉やラードを使わない「ムスリムフレンドリー」として営業する方針だ。

価格帯は現在検討中とした上で、「現地の方に『てんや』の品質を手頃に召し上がっていただけるように設定したい」と話した。

「天丼てんや」は2013年に海外進出を開始。現在、シンガポールのほか、タイで12店舗、フィリピンで8店舗、香港で4店舗、中国・広東省で1店舗を運営している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナスとLNG供給で協力 経産省、需要期前に供給確保急ぐ(09/30)

パビリオン、「客家飯店」の土地取得か(09/30)

インソン、電動貨物船の建造開始(09/30)

マ韓FTA締結、関係深化に不可欠=大使(09/30)

電動乗用車投入の動き広がる サイム、中国BYDのEV販売へ(09/30)

新規感染2445人、5日ぶり2千人超え(09/30)

再生エネEA、マレーシアに電動バス200台(09/30)

ニッパツ、自動車電動化製品の生産能力増強(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン