ゴム評議会、強制労働撲滅へ手引を導入

マレーシア・ゴム評議会(MRC)は、ゴム産業での強制労働の撲滅を目指し、国際労働機関(ILO)と協力して雇用者向けの手引を導入した。国営ベルナマ通信が8日伝えた。 手引には、労働者の採用活動や雇用、ゴム製品の原料調達などに潜む強制労働のリスクや対策などが記され…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 農林・水産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

旅客機内でのマスク着用、個人の判断に一任(14:04)

新規感染2445人、5日ぶり2千人超え(13:57)

テイクオフ:自宅のブレーカーの修理…(09/29)

労働者海外派遣、再開で急増 先行の日本、今年は過去最多に(09/29)

総選挙の年内実施に反対の声 洪水を懸念、首都では抗議活動も(09/29)

新規感染1552人、4日連続で2千人未満(09/29)

バンダルマレーシア開発、中東勢の協力要請(09/29)

RM1=31.3円、$1=RM4.63(28日)(09/29)

国内初の自動運転バス試走、ス州BRTで(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン