建設費高騰巡り7年係争続く 北中部の発電所、相次ぎ障害

ベトナム北中部ハティン省のブンアン第1火力発電所で、事業主とEPC(設計・調達・建設)事業を請け負った国営企業同士の契約修正が、稼働から7年たった今も終わらず係争が続いている。原材料費や労務費の高騰で当初の1.7倍に膨らんだ工事費をどう分担するかの取り決めが当初契…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

路上カフェ、都市部で勢い 低コスト武器に大手を追撃(10/04)

ガソリン価格5%下落、1年ぶり安値(10/04)

ズンク製油所、1~9月生産は計画比6%増(10/04)

不動産取引を統一システムに集約、建設省案(10/04)

FLC傘下企業の土地、競売で売却へ(10/04)

タンホアンミン事件、資産4兆ドンを凍結(10/04)

四大国営銀の増資承認を要請へ、中銀(10/04)

ホアビンダム拡張部、発電は1年遅れ25年に(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン