• 印刷する

コメダ珈琲店、1号店は10月に黄埔で

コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」の香港1号店が10月、九龍地区・紅カン(ホンハム、カン=石へんに勘)の総合スーパー「イオンスタイル黄埔」にオープンする。香港での運営を担当するイオンストアーズ香港が5日、発表した。

日本の店舗設計に準じた内外装に加え、メニューもコメダならではのラインアップを提供する。コーヒーなどドリンクを1杯注文するとトーストやゆで卵がついてくる「モーニング」や、デニッシュパンの上にソフトクリームが乗ったデザート「シロノワール」といった名物メニューが楽しめる。

コメダホールディングスは今年5月、イオンストアーズ香港とエリアフランチャイズ契約を締結し、香港へ進出すると発表していた。海外出店は上海と台湾に続く3地域目となる。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

日本食の「次世代」育てる 食品輸出、地場巻き込む新枠組み(09/30)

日本産の卵、茶餐庁メニューで味わって(09/30)

新たに4269人感染、前日から358人増(09/30)

ワクチンパス、制限受ける子は少数=政府(09/30)

国際金融サミット、世界大手100社以上が参加(09/30)

金利を2年間固定、HSBC住宅ローン(09/30)

続落、ハンセン指数は0.5%安=香港株式(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン