7月の外食価格8.4%上昇、野菜・肉も急騰

韓国統計庁によると、2022年7月の外食物価指数は111.39(20年=100)で前年同月比8.4%上昇した。1992年10月の8.8%以降では最大の上昇率。穀物など原材料価格の上昇や需要回復に伴う価格上昇が背景だ。電子新聞が伝えた。 7月は外食物価を構成する39品目の価格がすべて上昇した…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:調整局面に入る韓国不動…(10/06)

9月の韓国車販売21%増 国内外で全社プラス、新車効果も(10/06)

【シリーズ小国経済】不況のラオスを行く 新鉄道と中国マネー(10/06)

新規感染者3.5万人、死者16人増(10/06)

9月のCPI5.6%上昇、外食や野菜高騰で(10/06)

新首都の住宅開発、韓国公社が関心(10/06)

10~12月期の輸出、景気低迷で悪化か(10/06)

現代グロービス、米中古車競売会社を買収(10/06)

深夜のタクシー難解消へ、迎車料金引き上げ(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン