• 印刷する

サル痘の濃厚接触者5人、全員が検査で陰性

カンボジアで、ウイルス感染症「サル痘」に感染したナイジェリア人男性の濃厚接触者となっていた5人全員が、2日に受けた検査の結果、陰性だったことが分かった。クメール・タイムズ(電子版)が4日伝えた。

保健省の担当者は、「濃厚接触者の5人全員が、検査で陰性と判定されたが、21日間隔離し、引き続き検査を行う」と説明した。サル痘は、感染から20日間症状が出ないことがあると付け加えた。

濃厚接触者のうち3人は、ナイジェリア人男性が滞在していた宿泊施設の従業員。残る2人は、ナイジェリア人男性と親しい関係にあるアフリカ人男性とカンボジア人女性で、直接接触したことが確認されているという。

このナイジェリア人男性は、サル痘への感染が判明した後にタイからカンボジアへ逃亡。首都プノンペンの宿泊施設で拘束された。現在、クメール・ソビエト友好病院で治療を受けており、頭痛と熱はまだあるものの、水痘は治りつつあるという。


関連国・地域: タイカンボジアアフリカ
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

日本が413億円支援、シアヌークビル港拡張(08/09)

対米ドル公式レート設定、中銀が2日に開始(08/09)

新型コロナ、7日は44人の感染確認(08/09)

ASEAN特使、9月にミャンマー再訪意向(08/09)

林外相、ソコン副首相と関係緊密化で合意(08/08)

フンセン首相、ブリンケン米国務長官と会談(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン