• 印刷する

バンドン高速鉄道、片道25万~35万ルピアか

インドネシアの国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)は3日、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道の片道料金は25万~35万ルピア(約2,200~3,100円)になるとの見通しを示した。

KAIのジョニ広報副部長によると、料金は今後もさまざまな側面から検討を進める。

バンドン高速鉄道は、中国高速鉄道の車両「KCIC400AF」を8両編成で運行する。VIPクラスが18席、ファーストクラスが28席、その他が555席からなる。

同高速鉄道の工事進ちょく率は85%。11月に開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)のタイミングで動的試験をする目標という。

バンドン高速鉄道の建設現場の様子。右からバンドン高速鉄道、チカンペック高速道路、軽量軌道交通(LRT)=西ジャワ州ブカシ(国鉄KAI提供)

バンドン高速鉄道の建設現場の様子。右からバンドン高速鉄道、チカンペック高速道路、軽量軌道交通(LRT)=西ジャワ州ブカシ(国鉄KAI提供)


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

Jトラスト、日立建機の重機ローン提供(19:03)

米コーラー陶器工場開所、14.5兆ルピア投資(20:47)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

ホンダ、23年にHV2種投入 自動車展開幕、電動化へ勢い加速(08/12)

スズキ2モデル発表、3年で4車種追加(08/12)

ダイハツ、国産車のEVコンセプトを披露(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン