• 印刷する

テイクオフ:インドネシアの役所手続…

インドネシアの役所手続きには嫌気が差す。自宅の権利証の再発行を申請するのに、必要な書類をそろえたが、1年以上たっても発行されない。

町内会で証明書を作ってもらった後、国土庁に提出する。その後警察に報告に行くと、正規の手順では必要のないお金を要求される。新聞3紙に紛失したという内容の通知を出す必要もある。ようやく書類をそろえて提出した後、係員が現場をチェックしに来るのに、3カ月以上かかる。

いつになったら手続きが完了するのかと問い合わせても、返ってくる答えはいつも「今やっています」の一点張り。再発行のためにいくら時間とお金と労力を無駄にしなければいけないのか。インドネシア以外の国に住んだことはないが、他の国はどうなのだろう。より簡単に国民に公共サービスを提供する方法について、教えてくれる国はないだろうか。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

Jトラスト、日立建機の重機ローン提供(19:03)

米コーラー陶器工場開所、14.5兆ルピア投資(18:49)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

ホンダ、23年にHV2種投入 自動車展開幕、電動化へ勢い加速(08/12)

スズキ2モデル発表、3年で4車種追加(08/12)

ダイハツ、国産車のEVコンセプトを披露(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン