• 印刷する

1~6月の航空旅客数、国際線は6倍

インドネシア中央統計局が1日発表した運輸統計によると、1~6月の航空旅客数は、国際線が前年同期6.4倍の172万人、国内線は58%増の2,460万人だった。新型コロナウイルス感染状況が落ち着きを見せ、政府による移動制限や入国規制が緩和されたことで大幅に回復した。

空港別では、国内有数の観光地バリ島の玄関口ングラライ空港の国際線旅客数が、前年同期の1,400人から34万人へと大幅増加。北スマトラ州メダン近郊のクアラナム空港、東ジャワ州スラバヤのジュアンダ空港からの旅客数も10倍以上に伸びた。

国内線旅客も2桁以上の伸びを見せた。首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ空港発の旅客数は、前年同期比93%増の736万人だった。

鉄道旅客は、前年同期比42%増の1億1,680万人。地域別ではジャカルタ首都圏外の旅客数が94%増と最も伸びた。

貨物輸送は、鉄道が15%増加した一方で、海上輸送は主要港の一つ、スラバヤのタンジュンペラック港が2桁減少したことなどが響き、全体では0.3%増にとどまった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

Jトラスト、日立建機の重機ローン提供(19:03)

米コーラー陶器工場開所、14.5兆ルピア投資(18:49)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

ホンダ、23年にHV2種投入 自動車展開幕、電動化へ勢い加速(08/12)

スズキ2モデル発表、3年で4車種追加(08/12)

ダイハツ、国産車のEVコンセプトを披露(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン