老朽インフラ整備の研究へ、6.6千万ドル拠出

シンガポール国家開発省は、今後5年で6,600万Sドル(約63億4,300万円)を投じて、老朽化した都市インフラの整備に向けた研究開発(R&D)を進める。シンガポールで開催中の世界都市サミットに出席したデスモンド・リー国家開発相が1日に発表した。 2017年に立ち上げた研究プ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の大手銀行の1行が…(09/27)

製造業生産が3カ月連続鈍化 半導体や化学低迷、今後も不振か(09/27)

ハイネケン、大規模バイオマス発電所を稼働(09/27)

東南アジアのテック業界、人員削減相次ぐ(09/27)

低中所得世帯に7400万ドル拠出、コロナ対策(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

ウェブ3.0事業の投資ファンド、現地社が設立(09/27)

グラブとセムコープ、病院に太陽光パネル(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン