【法律解体新書】第126回 労働契約は未締結でも事実上の労働関係が成立する場合

近年、電子労働契約の利用が徐々に普及していますが、当事者間で口頭のみで契約を交わし書面による労働契約を締結していない場合、双方間の取り決めについて書面での確認が難しいため、非全日制雇用の場合を除いて、口頭での労働契約の締結は現行の法律では認められていません。全…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日本食の「次世代」育てる 食品輸出、地場巻き込む新枠組み(09/30)

日本産の卵、茶餐庁メニューで味わって(09/30)

新たに4269人感染、前日から358人増(09/30)

ワクチンパス、制限受ける子は少数=政府(09/30)

国際金融サミット、世界大手100社以上が参加(09/30)

金利を2年間固定、HSBC住宅ローン(09/30)

続落、ハンセン指数は0.5%安=香港株式(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン