• 印刷する

《知財》ヤマハ発、知財訴訟で中国企業と和解

ヤマハ発動機は19日、中国企業などに対して起こしていた知的財産権侵害を巡る訴訟で、被告側と和解したと発表した。被告側は知財侵害を認め、模倣品の製造・販売の停止、在庫の破棄、謝罪広告の掲載、損害賠償の支払いなどの条件に合意した。賠償金額は非公表。

ヤマハ発動機が提訴したのは深セン市東順電子、深セン市東順貿易の2社と深セン市東順貿易の法定代表人。2社がヤマハ発動機のロボティクス事業の表面実装機(マウンター)用フィーダー(電子部品をマウンターに供給する装置)の模倣品を製造・販売し、著作権と特許権を侵害したとして、深セン市中級人民法院(地裁に相当)に提訴していた。

著作権侵害を巡っては2021年10月、特許権侵害については21年12月に訴状を提出。22年2月にそれぞれ受理された。

ヤマハ発動機によると、裁判の開始前に被告側が侵害行為を認め、7月上旬に和解条項に合意したという。ただ和解条項の完全履行が確認できるまで、訴訟は取り下げない方針だ。


関連国・地域: 中国-深セン日本
関連業種: 電機その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕日本山村硝子など(08/08)

テイクオフ:テレビのCMなどを見て…(08/08)

輸出の上向き継続 7月は18%増、輸入もプラス(08/08)

中国との外相会談、国際問題に協力で合意(08/08)

コロナ確認の国際線、安易に運航停止せず(08/08)

中国小型EVボルト発売、来年に組立開始(08/08)

奇瑞汽車、23年8~9月にEV投入予定(08/08)

トヨタの新車販売、7月は6%増=プラス続く(08/08)

シャープ売上高8%減、上海都市封鎖で=4~6月(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン