• 印刷する

テイクオフ:台北で18日まで開催中…

台北で18日まで開催中の旅行見本市に足を運んだ。コロナ禍で業界の状況は厳しいが、会場では台湾各地の観光地や宿泊施設の関係者らが誘客に向けてアピールし、熱気がむんむんとしていて驚いた。

受け取ったパンフレットを眺めると、台湾の観光資源の豊富さにあらためて気付かされる。中でも今回興味を持ったのが離島。澎湖は美しい海で知られるが、サイクリングしながら橋で結ばれた島々を巡ることができるという。自転車好きとしてはぜひ体験してみたいところ。数年前に訪問先の福建省アモイから渡航しようとして断念した金門島や馬祖列島も気になる。

日本のガイドブックでよく紹介されている夜市やグルメだけでなく、山も海もあり、豊かな自然に触れられるのも台湾観光の大きな魅力だろう。コロナ感染が下火となり、書き入れ時の夏休みを迎えた旅行業界が回復することを願う。(祐)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、26日は2万8513人(15:36)

テイクオフ:約217万人と約489…(09/26)

観光業、水際対策緩和を歓迎 コロナ前回復には時間必要と指摘(09/26)

台湾航空各社が10月に増便、日本路線も(09/26)

インディカ、台湾鴻海とEV合弁会社を設立(09/26)

雄獅、年末に訪日旅行業績3割まで回復予測(09/26)

マスク規定、冬までは維持=政府高官(09/26)

新型コロナの域内感染者、25日は3万8785人(09/26)

4QDRAM価格、最大18%下落=調査会社(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン