• 印刷する

ホンダが新型シティ発表、年内2400台目標

ホンダの現地法人、ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は23日、小型セダン「シティ」(排気量1500cc)のマイナーチェンジを発表した。年内に2,400台の販売を目指す。

マイナーチェンジでは、フロントグリルと前後のバンパー、ブレーキランプのデザインなどを変更し、スポーティーさと高級感を強調した。燃料消費が少ないアクセル操作を知らせるエコランプも搭載。タイから完成車(CBU)を輸入する。ジャカルタでの販売価格は、2億6,200万~2億8,600万ルピア(約225万~246万円、警察登録料込み)となる。

HPMの内田知樹社長は「新型シティは、これまでのモデルチェンジと同様に消費者の期待を超える改良を加えた」と述べ、完成度に自信を示した。シティのインドネシアでの累計販売台数は、1996年の投入以来5万8,932台で、同クラスの最量販車種という。

内田社長は、新型シティが同社全体の販売台数を押し上げることに期待を示した。今年の販売台数目標は7万台で、東日本大震災とタイ洪水の影響で落ち込んだ前年から54%の増加を目指す。

ジョンフィス販売担当取締役は、インドネシアの小型セダン市場が2011年の5,000台ほどから今年は7,000台超になるとの予想を提示。「昨年の同セグメントでのホンダのシェアは、タイ洪水の影響で28%にとどまったが今年は40%に引き上げたい」と意気込みを語った。


関連国・地域: タイインドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いつも利用する生鮮食料…(08/09)

首都の交通データ販売開始 村田製作所、州政府に35カ所(08/09)

豪への観光客、3割強まで回復 中国人減もインド人などが増加(08/09)

中国・五菱の小型EV生産開始、世界初(08/09)

首都EV展示会、来場者は4万5000人(08/09)

航空運賃さらに引き上げ許可、燃油費高騰で(08/09)

AP2、航空会社に五つのインセンティブ(08/09)

LG系列、インドネシアで都市設計コンサル(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン