• 印刷する

赤・黄の識別コード導入、行政長官が説明

香港政府トップの李家超(ジョン・リー)行政長官は12日、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのアプリ「安心出行(リーブホームセーフ)」について、赤や黄色の識別コードを導入することを検討していると市民に説明した。陽性者を赤、入境者を黄色のコードに分類するだけで、一般市民に影響が出ることはないと明言。識別コードとともに検討中の安心出行の実名制への移行も含めた一連の措置は、全てコロナの感染拡大防止が目的であり、別の用途に使うことはない点も強調した。

政府医務衛生局の盧寵茂局長が10日、安心出行の実名制への移行と識別コードの導入を検討中だと明らかにしたことで、香港市民の間では影響を懸念する声が上がっていた。市民の不安を取り除くため、李氏が12日の会見で再び説明した。

盧氏も11日に補足説明を実施。同氏によると、政府は陽性者を赤、香港に入境してから間もない人を黄色に分類することで、「感染リスク保持者」を識別する。識別により、これら感染リスク保持者が医療機関や高齢者施設といった重症化リスクの高い人がいる場所に立ち入るのを徹底的に防ぐ考えだ。

黄色のコードの導入は、入境後の指定ホテルでの強制検疫(隔離)措置の緩和も見据えている。政府は現在、最低7日間としている指定ホテルでの隔離期間を短縮し、残りの期間は自宅で過ごすことを許可する検討を進めている。自宅期間中は健康観察を義務付けた上で外出を許可しながら、安心出行では黄色のコードを表示させることで、医療機関などには入れないようにする予定だという。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本食の「次世代」育てる 食品輸出、地場巻き込む新枠組み(09/30)

日本産の卵、茶餐庁メニューで味わって(09/30)

新たに4269人感染、前日から358人増(09/30)

ワクチンパス、制限受ける子は少数=政府(09/30)

国際金融サミット、世界大手100社以上が参加(09/30)

金利を2年間固定、HSBC住宅ローン(09/30)

続落、ハンセン指数は0.5%安=香港株式(09/30)

66歳で退職、蓄えは330万ドルが目標(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン