繊維業界、受注伸び悩みや原料高で苦戦

ベトナムの繊維・衣料業界では、今年第2四半期(4~6月)の半ば以降、世界的なインフレ加速や市場変動で輸出額の伸びが鈍化し始めている。 11日付トイバオキンテー電子版によると、地場ホーグオム縫製が中部タインホア省カムトゥイ郡で操業する第8縫製工場は、米国企業からの…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 繊維


その他記事

すべての文頭を開く

GDP、3Qは13.7%の伸び コロナ反動、内需持続が焦点(09/30)

【ラオス経済通信】アジア開銀、22年成長率予測を2.5%に下方修正 第177回(09/30)

9月輸出は10%増、主力の電話関連は7%減(09/30)

9月消費者物価指数、3.94%上昇(09/30)

9月鉱工業生産13%増、二輪・四輪けん引(09/30)

22年9月の主要鉱工業製品の生産量(表)(09/30)

9月の小売売上高36%増、右肩上がり維持(09/30)

ノバランド、外資銀行から6千億ドン調達へ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン