再生可エネ発電、発電コスト最小=CSIRO

オーストラリアでは、再生可能エネルギー発電所が新規の発電施設として最も発電コストが小さいことが、オーストラリア科学産業研究機関(CSIRO)の年次報告書で明らかになった。ただ、インフレ加速やサプライチェーン(調達・供給網)の障害により、大幅なコスト縮小は来年に…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅があるシドニーの地…(09/30)

外国企業向けに法人税改正へ 企業投資減退の懸念も(09/30)

多国籍企の税逃れ、豪財政に打撃=財務次官(09/30)

豪消費者物価、7月は約30年ぶりの高水準(09/30)

昨年度の豪財政赤字、3月予測を480億下回る(09/30)

WA州、財政黒字は過去最大の60億$(09/30)

スーチー氏と豪人顧問有罪、禁錮3年(09/30)

RBA、インフレ抑制無理なら金利3.6%も(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン