• 印刷する

テイクオフ:8日の昼、安倍晋三元首…

8日の昼、安倍晋三元首相が銃撃されたとの一報が伝わった。台湾の地元メディアも事件の経過などを次々と速報。9日付の主要地元紙は1面トップで事件の詳細を伝え、安倍氏が台湾にとっていかに特別な存在であるかがうかがえた。

長年にわたって台湾を支持してきた安倍氏。政治面では「台湾有事は日本有事」との発言が注目を集めたが、台湾で昨年、新型コロナウイルスワクチンが不足した際には、日本からのワクチン提供に当たって協力していたことも伝えられている。

「台湾への貢献に感謝しています」。地元メディアによると、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の前に民間人が設置したボードには市民が感謝や追悼の言葉を書き込んだ。突然の悲報の衝撃はどれだけ大きかっただろうか。台湾人も悲しみの中で、安倍氏の死を悼んでいる。(祐)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

10月13日から入境検疫免除 入境上限15万人、団体旅行も解禁(09/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万4665人(09/30)

モデルナ2価ワクチン、60.5万回分が到着(09/30)

22年の半導体ファブ装置投資、台湾が首位か(09/30)

鴻海、メキシコ工場に3.6億米ドル間接投資(09/30)

車載用IC、26年に全体の9.9%に(09/30)

経済部、地熱資源のプラットフォーム設置へ(09/30)

オフィス取引額、1~9月は23%減(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン