• 印刷する

テイクオフ:中国にはいくつかの日系…

中国にはいくつかの日系ホテルがあるが、その一つを任されている日本人の総支配人と知り合いだ。彼が役員に昇進するとのことで、みんなでお祝いすることに。

総支配人との思い出はいろいろあるが、忘れられないのが2020年に彼のホテルが隔離施設に指定された時のことだ。当時、ホテル業務の1日の流れを感染対策上問題ない範囲で見せてもらったことがある。そこで目にしたのは、自ら先頭に立って従業員を引っ張る彼の姿だった。感染リスクのある「汚れ仕事」を総支配人自ら引き受ける姿勢からは、「背中で全てを語る」といった信念のようなものを感じた。

ここ最近、日本で訪日観光客の受け入れが始まり、中国でも入境者の隔離期間が短縮されるなど、観光業を巡る環境は少しずつ改善されつつある。彼はきっとこれからも従業員らにその「背中」を見せ続けていくのだろう。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北部ボーテン経済特区、進出企業369社に(08/16)

テイクオフ:「やってしまった……」…(08/16)

7月は経済回復にブレーキ コロナ散発で小売・鉱工業不振(08/16)

7月のエネルギー生産、原炭は16.1%増(08/16)

MG、今年の販売台数目標を2割下方修正(08/16)

MLF金利引き下げ、7カ月ぶり(08/16)

4~7月の果物輸出、4500万米ドル(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン