• 印刷する

中国製ワクチン供与、ASEAN人道支援で

中国政府の支援で新型コロナウイルスワクチン200万回分がミャンマーに供与された=6月30日、ミャンマー・ヤンゴン(カンボジア外務省提供)

中国政府の支援で新型コロナウイルスワクチン200万回分がミャンマーに供与された=6月30日、ミャンマー・ヤンゴン(カンボジア外務省提供)

カンボジア外務省は6月30日、東南アジア諸国連合(ASEAN)のミャンマーでの人道支援の一環として、中国製の新型コロナウイルスワクチン200万回分を供与したと発表した。ASEANのミャンマー問題特使を務めるプラク・ソコン副首相兼外相らが、同日に最大都市ヤンゴンで執り行われた式典に出席した。

プラク・ソコン氏は式典で、「人道支援に色をつけてはならない」と話した。ミャンマー国外を含む全ての関係者が政治的思惑の違いを忘れ、状況の改善に努めるべきだとの見解を示した。

ミャンマーでは、国軍が昨年2月のクーデターで実権を握った。同年4月にはASEANとミャンマー軍事政権が、ASEAN人道支援調整センター(AHAセンター)を通じた同国への人道支援を含む5項目を履行することで合意。今回のワクチン供与は、合意の履行の一環という。

提供されたワクチンは、「支援が行き届かない地域」にも提供するという。国軍を通じた人道支援を巡っては、国軍に対立する勢力が公平性に欠くと反発している。


関連国・地域: 中国ミャンマーカンボジアASEAN
関連業種: 医療・医薬品政治

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(18:55)

通信アトム、児童養護施設支援に6400万円(15:48)

11日の感染者21人、死者ゼロは127日連続(15:36)

元復興相と国軍トップ会談、現職議員初(15:01)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

日本送り出し、現地人主導で 高まる海外就労意欲と日本(3)(08/12)

キリン、ミャンマー事業利益46億円を計上(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン