日本ハム、健康と環境で差別化 7月半ばに植物由来の商品投入へ

日本ハムの現地法人タイ日本フーズは7月中旬に、植物由来のソーセージを発売する。新型コロナウイルス感染症の拡大を経て、タイ国内で高まった健康意識に訴えるほか、環境面への配慮も前面に押し出すことでブランディングを強化し、競争が激しい国内の食品市場で、他社との差別化…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

ホスピテルとホテル隔離、9月1日に停止へ(08/11)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/11)

新規の感染者2316人、死者35人(11日)(08/11)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン