• 印刷する

テイクオフ:「借り物の場所、借り物…

「借り物の場所、借り物の時間」。名画「慕情」で語られる、香港を形容した有名な言葉だ。

「彼は瀋陽へ来られるのに、私は香港に行けない」「1997早く来い、私も香港へ行けるようになる」。中国東北出身の艾敬(アイ・ジン)が歌ったヒット曲の一節だ。

借り物は本来の持ち主に返され、女性歌手は彼が待つ香港へ自由に出入りできるようになった。どちらも、かつての香港が置かれていた状況を、分かりやすく的確にとらえた表現だった。当事者であり、当事者ではない人たちの視点から。

ビクトリア湾ではきょうも釣り人が糸を垂らし、遊泳禁止の看板をよそに水遊びに興じる一団がいる。ここは昔から彼らの場所であり、彼女たちの時間が流れている。変わったものがあり、変わらないものもある。香港はあす、返還から25年を迎える。(港)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

流行「第5波」出口間近か 実効再生産数低下、隔離0日視野(08/17)

新たに5162人感染、前日から266人増(08/17)

美食博覧が閉幕、来場者は16%増の43万人(08/17)

ESRと華懋が新会社、葵涌に冷凍物流施設(08/17)

続落、ハンセン指数は1%安=香港株式(08/17)

ファンド管理会社、海外からの採用困難(08/17)

クレカ売掛債権、6月末は8.6%増(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン