隔離短縮は「5+2」か、新政権が検討

あす7月1日に発足する香港の新政権は、海外からの入境者に課す指定ホテルでの強制検疫(隔離)を現行の7日間から5日間に短縮することを検討しているもようだ。ホテルでの隔離後、2日間の自宅待機を求める方式に変更する案が有力という。地上波テレビ局の電視広播(TVB)な…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

食品見本市で農産物売り込み 日本の果物人気、日本米の食育も(08/12)

新たに4376人感染、前日から217人減(08/12)

乳幼児への接種加速へ、対応施設を増設(08/12)

外国人家政婦、隔離3日で仕事可能に(08/12)

日本郵船などの合弁、LNG船7隻の用船契約(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン