ハチソン、レムチャバン港新埠頭に荷役設備

タイの港湾運営大手、香港系ハチソン・ポート・タイランドは28日、東部チョンブリ県レムチャバン港で整備を進めている新埠頭(ふとう)Dターミナルについて、コンテナ船の荷役設備である遠隔式シップ・トゥ・ショア(STS)クレーン4基などの設置が完了したと発表した。 遠隔…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

ホスピテルとホテル隔離、9月1日に停止へ(08/11)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/11)

新規の感染者2316人、死者35人(11日)(08/11)

タイの国立大、反軍政の学生受け入れで覚書(08/12)

スリランカ前大統領タイへ、一時的滞在か(08/12)

テイクオフ:バンコクのコンビニなど…(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン