商用EVで中国車が存在感 バスはシェア5割、貨物車も人気

韓国の商用電気自動車(EV)市場で中国車の存在感が高まっている。韓国に輸入されている中国ブランドは約10に上り、過去3年で販売台数は3倍に急増した。とりわけEVバスシェアは今年上半期に約5割まで上昇しており、中型トラックなどの貨物車部門でも中国各社は売り上げを伸…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

SKハイがネオンを初国産化 輸入代替・安定調達に貢献(10/07)

新規感染者2.9万人、死者29人増(10/07)

韓国へのFDI、過去最高の200億米ドル超(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

韓日経済フォーラム開催、協力強化を模索(10/07)

9月の輸入車販売17%増、半導体不足が緩和(10/07)

LGエナジー、二輪電池交換事業に進出へ(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン