• 印刷する

テイクオフ:1月に新型コロナウイル…

1月に新型コロナウイルスの症状が出たときのことが、今も脳裏に焼き付いている。変異株のオミクロン株が猛威を振るい始めたころで、先に流行したデルタ株よりも症状は軽いとされたが、高熱やせき、極度の疲労感に襲われた。人によって症状は異なるのだろうが、背中の痛みはしばらく続いた。

自宅療養中は食べ物などの日用品をインターネットで購入したことで、通常時よりも多額の支出に。オンライン診療は予約がいっぱいだったため、以前に感染した友人が服用したという薬をネットで入手したが、やはり高かった。

足元でコロナ感染が拡大しているが、以前ほどの勢いはない。保健省によると、感染者の大半は軽症だが、重症化する人もいるはず。経済的弱者には苦しいコロナに伴う負担について、社会全体がもっと理解を深めるべきだと感じる。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、政策金利3.75%に 連続利上げ、物価抑制を優先(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

公共交通車両1万台超、首都圏で運行再開(08/19)

シティコア、25年に発電容量7倍狙う(08/19)

5G速度、比はア太地域でワースト4位(08/19)

全国の港湾施設、1~6月は旅客2.4倍(08/19)

レジ袋課税法案を可決、下院歳入委(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン