産業用不動産の黄金期終焉?豪の需要は堅調

産業用不動産の過去10年間続いた黄金期が勢いを失いつつある中、オーストラリアの倉庫はほとんど空きがなく、リース需要は旺盛で、賃料も上昇していることから、国内のアナリストは比較的楽観的な見方を維持している。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。 米インターネット…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:パプアニューギニアで、…(08/16)

伊藤忠と大成、豪企通じて協業 環境配慮コンクリート開発(08/16)

電通の豪業績成長率、ア太水準上回る(08/16)

豪EUのFTA交渉、租税条約の問題が浮上(08/16)

〔オセアニアン事件簿〕キャンベラ空港で発砲事件、シドニーでも(08/16)

シンガポール行き社用旅行、コロナ前超えに(08/16)

コーガン、契約違反による損失で物流企提訴(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン