• 印刷する

テイクオフ:日本では占いや性格診断…

日本では占いや性格診断などで、血液型の存在感は非常に強い。一方、オーストラリアは欧米と同様、占いといえば星占いが主流で、血液型への関心はない。

筆者は生まれた時に検査せず、自分の血液型を知らなかった。日本にいた頃はとにかく気になり、検査しようと試みたが、緊急時以外は保険がきかないと知り断念。献血で調べようとするも、血管が細すぎて針が刺さらず、これも失敗。いつか特別な時に調べたい、と心に留めていた。

そして先日、シドニーの健康診断で初めて血液検査を行う機会があった。結果を聞きに担当医を訪ねると、頼んでもいないのに、彼は開口一番「あなたの血液型は……」といきなり言及。心の準備をする間もなく、わが「人生の謎」をあけすけに解いてしまった。星占い派のオージーに、大事なものを奪われたようなこの複雑な気持ちは想像できまい。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅があるシドニーの地…(09/30)

外国企業向けに法人税改正へ 企業投資減退の懸念も(09/30)

多国籍企の税逃れ、豪財政に打撃=財務次官(09/30)

豪消費者物価、7月は約30年ぶりの高水準(09/30)

昨年度の豪財政赤字、3月予測を480億下回る(09/30)

WA州、財政黒字は過去最大の60億$(09/30)

スーチー氏と豪人顧問有罪、禁錮3年(09/30)

RBA、インフレ抑制無理なら金利3.6%も(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン