• 印刷する

シドニーの住宅競売が冷却化、28%取り下げ

オーストラリア・シドニーで、26日までの1週間に予定されていた住宅競売件数のうち、28%が取り下げられたことが分かった。競売前に購入希望者の関心が薄く、入札登録が行われない事例もあったという。住宅市場が冷却化する中、向こう数カ月は競売が避けられ、売り手と買い手が直接交渉する当事者売買契約が増加するとみられる。27日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

調査会社コアロジックの調べによると、シドニーの競売物件の取り下げ率は、20年4月以来の高水準となった。

一方シドニーの成約率は55.9%となり、5週間ぶりに回復した。メルボルンは全国的に見るとまだ活気があり、成約率は60%だった。

不動産仲介業者レイ・ホワイトのチーフ・オークショナー、パタロ氏は、向こう数週間の競売物件数は例年と比べ少なくなると予想。一方、優良物件は引き続き買い手の関心が強く、売値も好調だとしている。

■大都市の投資家、小規模市場に食指

シドニーとメルボルンを拠点とする不動産投資家が、高リターンを求め、価格が手頃な小規模の都市での住宅投資に目を向けているようだ。オーストラリアンが伝えた。

不動産情報会社REAグループ傘下の調査会社プロップトラックの調べによると、ニューサウスウェールズ州の買い手のうちクイーンズランド州の物件への投資を検討している投資家の割合は、5月までの1年間で3.3ポイント増加した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが子の通う小学校で運…(08/19)

豪失業率、3.4%と過去最低更新 失業者数減、人手不足浮き彫り(08/19)

豪企業、今年の給与予算20%増を想定=調査(08/19)

豪政府、排出上位施設の規制厳格化案を公開(08/19)

QLD環境法案、資源・農業の規模縮小も(08/19)

豪MUFG、「CCS技術が水素を支援」(08/19)

〔政治スポットライト〕モリソン前首相、秘密裡の閣僚兼任を陳謝(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン