ハイテクが依存、環境に課題 台湾支える外国人労働者(上)

台湾の主要産業であるハイテク業。製造業生産額の3割以上を占める巨大産業を縁の下で支えているのが、工場で働く東南アジアの外国人労働者だ。台湾のほぼ全てのハイテク企業が外国人労働者を雇用し、その需要は拡大している。一方で、人材確保に向けた競争の激化や、新型コロナウ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

茨城県が食と観光アピール 台北で見本市出展、商談会も企画(08/19)

新型コロナの域内感染者、18日は2万3088人(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

観光再開のタイムスケジュールない、指揮官(08/19)

重慶の電力逼迫、台湾ノートパソコン業に影響も(08/19)

台湾のサイバー対策支出、今年は9億米ドル(08/19)

南亜、彰浜工業区の土地取得に57億元投資(08/19)

網家の日本代理購入サービス、上期6割増収(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン