• 印刷する

生体信号分析して運転支援、現代モービス

韓国現代自動車グループで部品メーカーの現代モービスは23日、ドライバーの姿勢や心拍などの生体信号を分析して安全運転をサポートする「スマートキャビン」を開発したと発表した。

同社は、◇姿勢を立体的に撮影できる3次元(3D)カメラ◇ハンドルに装着した心電図センサー◇耳の周辺の脳波を測定するイヤーセットセンサー◇車内の温度・湿度や二酸化炭素(CO2)を測定する空調センサー――の4つのセンサーで、総合的にドライバーの健康状態を把握する。

■健康状態の悪化や飲酒も指摘

これにより、ドライバーのストレス度が高いと判断された場合は自動運転を勧め、車内のCO2濃度が高い場合は窓を開閉するなどして換気する。健康状態の悪化や飲酒の可能性がある場合には、カーナビゲーションやヘッドアップディスプレー(HUD)に警告が表示される。

これらの技術は今後、心停止などの緊急事態には救急病院に案内したり、飲酒運転の場合は走行できないようにする技術に発展させる計画だ。

同社によると、モビリティー分野で複数の生体信号を統合管理できるヘルスケア専用制御器が開発されるのは、今回が初めてだという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者8.4万人、死者37人増(15:56)

テイクオフ:書くためには読まなけれ…(08/16)

中小労働者の賃金・余暇減少 週52時間制1年、弊害あらわに(08/16)

サムスントップが赦免、経営主導体制に(08/16)

尹氏が光復節演説、歴史問題は「解決可能」(08/16)

韓国「失望と遺憾」、閣僚の靖国参拝巡り(08/16)

新規感染者6.2万人、死者50人増(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン