回復傾向の鉄鋼需要、コロナ禍前には及ばず

マレーシア鉄鋼産業連盟(MISIF)は22日、国内の鉄鋼需要は来年まで緩やかに回復するが、新型コロナウイルス感染拡大前の水準には達しないとの見通しを示した。今年の見掛け鉄鋼消費量(実質的な需要量)は前年比11%増の780万トンに達する見込みだ。22日付エッジ(電子版)が…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信6社、5Gネットワークに7割出資へ(07/01)

インドネシア、鶏肉の輸出許可(07/01)

運賃無料化の押し上げ効果薄く 人流調査、交通機関利用が35%減(07/01)

新規感染2605人、2日連続2千人台(07/01)

RM1=30.9円、$1=RM4.41(6月30日)(07/01)

ベルマツ9千台受注残、23年1Qまでに解消(07/01)

エアアジア、ベトナム2路線の運航再開(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン