トヨタ現法、35年にCO2排出ゼロ

トヨタ自動車の現地法人フィリピントヨタ自動車(TMP)は22日、マニラ首都圏近郊のラグナ州サンタロサに構える工場で2035年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すと発表した。本社が自社工場での達成を50年から35年に前倒しした…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「845ペソ(約2,1…(06/30)

経済成長、実感乏しく ドゥテルテ政権の6年振り返る(06/30)

政権批判ニュースに閉鎖命令、証券委(06/30)

メラルコ、環境エネ開発で韓国社と提携(06/30)

電子業界、22年輸出10%増の見通し維持(06/30)

21年の国内観光38%増、外国人は89%減(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン