• 印刷する

《安全》マカオ、2回目の全住民PCR検査

マカオ政府は23日午前9時から、域内の全住民を対象に新型コロナウイルスのPCR検査を開始した。検査は25日午前0時まで実施する。全住民を対象にPCR検査を実施するのは、政府のコロナ対策が19日に「即時予防状態」に入ってから2回目。香港の民放ラジオ局の商業電台などが伝えた。

19~21日に実施した前回の全住民検査と同様、域内に53カ所の検査場と、342カ所の検体回収場を設置して検査を進める。25日朝までに全ての検査結果を出すことを目指す。

マカオでは19日朝までに域内で少なくとも12人の感染が確認されたため、政府はコロナ対策が即時予防状態に入ったとして19日正午~21日正午に全住民へのPCR検査を実施した。23日午前9時までに域内で確認された感染者は計110人に上っている。


関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「借り物の場所、借り物…(06/30)

NNA古参記者が見た25年 折り返し点の香港、その軌跡(06/30)

隔離短縮は「5+2」か、新政権が検討(06/30)

2カ月半ぶり2千人超え、感染者2004人増(06/30)

マカオの感染者、484人に増加(06/30)

持続可能性サービスの香港企業、拠点開設(06/30)

反落、ハンセン指数は1.9%安=香港株式(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン