• 印刷する

テイクオフ:台北市北投区の「硫黄谷…

台北市北投区の「硫黄谷」と「龍鳳谷」を訪れた。ここは北投温泉の源泉といい、地表から温泉水がぼこぼこ湧き出すところや蒸気が立ち上っているところが見られる。温泉地に湯を送るためと思われるパイプが設置されている場所もある。

訪れた日は最高気温が30度を超えていた。ただでさえ暑かったが、それに加えてこの一帯の蒸気のせいで体感としては灼熱(しゃくねつ)に近く体が異常にべたべたした。硫黄の強烈なにおいも立ちこめている。

温泉と言えば体を温めるイメージがあるが、「硫黄谷地熱景観区」にある足湯スポットでは多くの人が足湯を楽しんでいたことが印象的だ。源泉や足湯を楽しむ人を見ているうちに、自身も温泉に入りたくなってしまった。次は真夏の温泉を楽しむことにしよう。なお、台湾の混浴温泉などは水着必須の場所もあるので、楽しむ際はお忘れなく。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、2日は3万4748人(07/02)

新型コロナの域内感染者、1日は3万5699人(07/01)

引き留めへ新制度、移民視野 台湾支える外国人労働者(下)(07/01)

新型コロナの域内感染者、30日は3万8846人(07/01)

観光往来、感染1万人以下で可能と見解(07/01)

SEMI、車載半導体ガイドラインを発表(07/01)

聯発科技、米大学内にIC設計センター(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン