• 印刷する

南部の交通インフラ整備、首相出席で起工式

インド南部ベンガルール(バンガロール)で20日、モディ首相出席の下、2,700億ルピー(約4,700億円)相当の交通インフラ整備事業の起工式が開かれた。

首相府が同日に発表した。事業は、国道関連が5件、鉄道関連が7件。国道関連では、ベンガルール周辺での環状道路の新設や郊外に向かう国道の拡幅が柱となるようだ。環状道路の整備は、ベンガルール内の渋滞の緩和が目的。

一方、鉄道関連では、ベンガルールと郊外を結ぶ4路線を新設する。総延長は148キロメートルで、費用は1,570億ルピーと想定されている。ベンガルール・カントンメントなど2駅の再開発も予定されている。


関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーから密輸の貴金属、インドで押収(08/15)

ロシアGDPマイナス4%、4~6月期(08/15)

スリランカが中国船許可、印は「スパイ」と指摘(08/15)

印乗用車販売、7月は11%増(08/15)

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/15)

印鉄鋼大手タタ、「豪原料炭に十分な投資を」(08/15)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン