• 印刷する

テイクオフ:パキスタンの経済危機は…

パキスタンの経済危機は、国外で報道されている状況よりも深刻なようだ。ある大臣は最近、「われわれは借り入れをしてお茶を輸入している。飲む量を1~2杯減らすべきと国民に提言している」と語った。パキスタンは世界最大のお茶の輸入国。昨年は6億米ドル(約810億円)超を輸入し、財政を圧迫している。だが多くの国民は大好きなお茶を我慢することはできず、大臣の発言には批判が集中した。ある男性はテレビリポーターに対し、「1日20杯飲んでいるが減らすつもりはない」と断言する。

都市封鎖に近い状況にもなっている。イスラマバード首都圏や一部の州では、電気の使用を減らすために、商店は午後9時までに営業を終えるよう命じられた。ある有名な雑誌は「国内の銀行間取引市場ではドルが底を尽いている」と伝える。パキスタンの経済は、やはり危機的状況に見える。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ、スズキ開発の新型SUVを発売へ(07/01)

マハラシュトラ州首相にシンデ氏、BJP(07/01)

SUVブレッツァ新型を発売 スズキ、低調局面の打開を図る(07/01)

ウルトラテック、ロシアと人民元で石炭取引(07/01)

国産原油の規制緩和、民間への販売可能に(07/01)

小口投資で太陽光発電施設、南部州で設置(07/01)

鉄鋼JSW、CO2排出削減に1000億ルピー(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン