• 印刷する

テイクオフ:半年ぶりに日本に一時帰…

半年ぶりに日本に一時帰国した。前回帰国は、新型コロナのオミクロン株が猛威を振るっていた昨年12月。両国の出発前のPCR検査や、それぞれ2週間ずつのホテル隔離など、時間的・経済的に負担が大きかった。それに比べると今回は格段に一時帰国の敷居が低くなった。

タイ出発時のスワンナプーム国際空港は夜の遅い時間だったにもかかわらず、多くの外国人旅行者で混み合い、免税店や飲食店も全体の7~8割程度が営業を再開していた。一方、成田空港は依然として利用者は少なく、空港全体が閑散とした感じは否めない。ともに観光客回復を目指す両国だが、コロナ対策と観光回復への考え方の違いが垣間見えた。

日本からの帰途。閑散とした空港は寂しかったが、人が少ない分、あらゆる手続きがスムーズに進み、予定時刻より30分以上も早くタイに到着したのはちょっとした驚きだった。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電設EMC、EECの大型事業受注を強化(07/01)

日本ハム、健康と環境で差別化 7月半ばに植物由来の商品投入へ(07/01)

感染者2695人、死者数は14人(6月30日)(07/01)

長城汽車のEV、500台の予約が58分で完了(07/01)

首相、1年以内のEV国内生産開始を表明(07/01)

不動産開発セナと物流レオ、倉庫事業で提携(07/01)

武装勢力と国軍、東部タイ国境で激しい戦闘(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン