• 印刷する

日鉄エンジの脱炭素化事業、環境省が採択

日鉄エンジニアリング(東京都品川区)はこのほど、同社が北九州市などとマレーシア・ジョホール州のイスカンダル地域で実施している脱炭素化促進事業が日本の環境省の委託業務に採択されたと発表した。

NTTデータ経営研究所と北九州市が、2019年度からイスカンダル地域開発庁(IRDA)と実施している都市間連携事業の一環。日鉄エンジニアリングは廃棄物発電の事業化に向けた調査を担当している。現在、未処理のまま最終処分場に運ばれている廃棄物を焼却してメタンガスの発生を抑制するとともに、排熱を発電に利用することで温室効果ガスの削減を目指す。

同事業は、20年度、21年度にも環境省の委託業務に採択されている。

日鉄エンジニアリングは15年から北九州市と、海外での環境・エネルギー問題解決に向けた業務提携協定を結び、これまでも廃棄物発電に関する調査実績がある。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

新規感染3516人、死者は4月下旬来の高水準(08/19)

ホンダ、SUV「HR―V」新型の納車開始(08/19)

RM1=30.2円、$1=RM4.47(18日)(08/19)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(08/19)

自動車部品EP、EVの輸入販売に参入へ(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン