• 印刷する

テイクオフ:リベンジ旅行という言葉…

リベンジ旅行という言葉をよく耳にするようになった。新型コロナウイルス禍で先延ばししていた旅行を実行することだが、自分の周りでもプランが持ち上がっている。

夫とマレーシアに住む義理の両親、親戚が年末に海外旅行を計画している。コロナ禍前までは年1回の恒例行事だったが、今年は3年ぶりに再開する。高齢の義両親は「寒過ぎない場所が良い」とのことで、日本の関西・九州やオーストラリアが候補に挙がっている。長距離の徒歩移動が少ないことも条件だ。自身は年によって恒例行事に参加したりしなかったりで、今年はまだ決めていない。

行き先が日本であれば、日本人として可能な限り「計画立案」を支援したいと思っている。関東出身のため、徒歩が少なく景色や食べ物を満喫できる西日本の観光ルート探しを個人的にも楽しみたい。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(07/01)

ケッペル系投信、浄水施設の株式50%取得(14:30)

新規感染9087人、4日連続9千人超(1日)(12:30)

新規感染9505人、3日連続で高水準(30日)(12:26)

オリックス、自動車販売会社との合弁解消(07/01)

ボンバルディア、サービスセンター拡張完了(07/01)

インドネシア、鶏肉の輸出許可(07/01)

民間住宅価格、4~6月は前期比3.2%上昇(07/01)

オムニチャネル化へ共同事業 現地2社、デジタル経済に商機(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン