航空大手、5月旅客数が回復 水際対策緩和で、中華航空は増便

台湾航空大手2社の2022年5月の運営実績が出そろった。旅客数は中華航空(チャイナエアライン)が2年2カ月ぶり、長栄航空(エバー航空)が1年6カ月ぶりの高水準となった。各国・地域で新型コロナウイルスの水際対策が緩和され始めたことや、台湾で入境者に求められている「居…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾と沖縄は地理的に近…(08/17)

台湾企業への影響は限定的 四川省が電力逼迫で生産停止要請(08/17)

台湾駐米代表ら制裁、ペロシ米議長訪問巡り(08/17)

40度超の熱波続く、トヨタ電力不足で工場停止(08/17)

古屋議連会長22日台湾訪問、蔡総統と会談(08/17)

新型コロナの域内感染者、16日は2万2902人(08/17)

2Qの世界DRAM売上高、南亜科技は4位(08/17)

中鋼が9月鋼材価格を引き下げ、4カ月連続(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン