テマセク、触媒的資本を重視 水素経済に積極投資(下)

シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスが、水素を活用して脱炭素化を模索するスタートアップやビジネスへの投資を加速している。水素エネルギーを軸とする「水素経済」が持続可能な社会に貢献するとみているためで、特に新たな投資への化学反応を起こす「カタリ…

関連国・地域: シンガポールオーストラリア米国中東
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

柔軟な勤務形態への要求強く フルタイム出社で転職「6割」(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(08/19)

チャンギ空港と米社、デジタル化で提携延長(08/19)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(08/19)

OCBC銀行、EVローン事業が2倍超に(08/19)

仮想通貨クリプト、英国で事業免許取得(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン