• 印刷する

テイクオフ:年を重ねるごとに古いも…

年を重ねるごとに古いものが好きになる。最近は週末になると、ソウル市内の伝統家屋が並ぶ地域を散策したり、美術館や博物館を訪ねたりするのが楽しい。

ソウル市立工芸博物館では、伝統工芸品の「ポジャギ」を鑑賞した。日本でいう風呂敷だが、韓国らしいカラフルなパッチワーク調の「チョガッポ」は見ていて飽きない。麻の薄い素材の透け感や品のある色合いの重なりには、日常の中のそこはかとない美を感じる。昔は、韓服の着古しや作る際の端切れを縫い合わせて作ったのだとか。つまり、無駄を残さないという先人の知恵でもあるわけだ。

ポジャギを用いた動詞としては、包むのほかに、持つ、背負う、覆う、敷くなど多彩。西洋のカバンが普及する前は、1枚の布が日常のあらゆる場面を包んでいた。自分には可能な動詞がいくつあるかと考えつつ、帰途に就いた。(葉)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:書くためには読まなけれ…(08/16)

中小労働者の賃金・余暇減少 週52時間制1年、弊害あらわに(08/16)

サムスントップが赦免、経営主導体制に(08/16)

尹氏が光復節演説、歴史問題は「解決可能」(08/16)

韓国「失望と遺憾」、閣僚の靖国参拝巡り(08/16)

新規感染者6.2万人、死者50人増(08/16)

起亜、SUVセルトスの累計販売30万台突破(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン