5月末までで1.5万人、タイに派遣の労働者

2022年に入ってタイに派遣されたカンボジア人労働者が、5月末までに1万5,000人を超えたことが分かった。カンボジア人材派遣会社協会(MAC)のアン・ブンハク会長が明らかにしたもので、プノンペン・ポスト(電子版)が6日に伝えた。 1万5,000人を超えたのは、労働省の認可…

関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

最低賃金協議始動、9月23日に最終会合開催(08/17)

新型コロナの新規感染者、15日は28人(08/17)

ドライフルーツ製造CSL、25年に上場へ(08/17)

国連特使ヘイザー氏が現地入り、就任後初(08/17)

BYD、カンボジアで「ATTO3」披露(08/17)

アクレダ銀と三井住友銀、業務提携から10年(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン