入国制限撤廃で旅行者100万人 通年目標の半分、6割が隣国から

マレーシアのナンシー・シュクリ観光・芸術・文化相は、新型コロナウイルス対応として実施されていた入国制限が4月1日に撤廃されて以降、100万人以上が入国したと明らかにした。このうち6割がシンガポールからの入国者で、わずか2カ月で政府が今年の誘致目標とする200万人の半…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

印軍用機HAL、マレーシアで事務所開設(08/19)

7月の新車販売、6.5倍の4.9万台(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

新規感染3516人、死者は4月下旬来の高水準(08/19)

ホンダ、SUV「HR―V」新型の納車開始(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン