• 印刷する

テイクオフ:新型コロナ感染予防のた…

新型コロナ感染予防のため、タイの名物の一つであるナイトエンターテインメントの営業が禁止された。バーやパブのネオンは消え、「シャッター通り」と化した当時の歓楽街を支配していたのはネズミ。人の気配がほとんどなくなった歓楽街に、人を恐れる様子もなくネズミが群がっているのを見て戦りつを覚えた。

あれから2年余り。今月からようやくバーやパブなどの営業が解禁された。まだ明るさの残る時間帯に訪れてみると、いくつかの店が開店前の準備していた。久しぶりの営業に店員らの笑顔も見える。一方で、営業再開のめどが立たず、空き家のまま放置されている店も目立った。

今回はネズミの姿はなく、代わりに猫が目についた。ネズミが増えたことで猫が増えたのか、あるいは人が戻ってきたことで猫が増えたのか…。「福を招く」という猫が街の復興の吉兆であってほしいものだ。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクのコンビニなど…(08/11)

政策金利、0.75%に引き上げ 物価抑制へ2年ぶりに方針転換(08/11)

新規の感染者2335人、死者32人(10日)(08/11)

シュナイダー、タイのEV生態系構築を支援(08/11)

タイ航空、3050億円の財務改善計画を推進(08/11)

EEC航空都市、免税措置で旅行者呼び込み(08/11)

発電ガルフ、欧PEファンドに100億円投資(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン